涼しくなったと見せかけての酷い仕打ち(汗)

本日も滝汗な1日でしが、本日は。。。

日本で一番ハモンドオルガン好きなシンガーソングライターの私目が

BANANA NEEDLEのセカンドアルバムSUGAR SPOTをちょこっとレビュー

 

 

和のテイストが多め。

1曲目「KOH」に至っては、盆ダンスの映像が頭によぎる・・・

もし、この曲のMVを作成するならば、櫓と御輿は必須でしょう(笑)

 

いや、てか、このCDのレビューってさぁ

色んな雑誌やらWEBやらブログやらで語り尽くされてる感があって

今更感が凄いんだけど、あえて書かせてもらいますよ。

 

とにかく、聞いてほしい。

Tr7 Fenice

このCDを持っているなら、もう一度、がっちりと向き合って聞いてほしい。

 

どーゆー訳かインストバンドなのに、歌詞みたいなのが聞こえて来そうな

そんな曲。

そう。メロディがボーカリストの歌の旋律に近い感覚。

 

そして、異様な熱量な演奏。

演奏してる三人の眉間にシワが寄ってよね。完全に。

 

特筆すべきは、サビ(?)メロの裏で

てっちゃん(ba)とラムちゃん(dr)が

これでもかと直球の8ビートをかましてるんですよ。

ロック過ぎる!!

 

この直球8ビートの上でハモンドオルガンがハイカロリーでメロディを歌う。

なにこれ?トレンディな言い方すると最&高じゃん(笑)

 

個人的に、こーゆーのを【正義の8ビート(せいぎのえいとびーと)】と呼んでるんだけど

色んなやりようがある中で、この形で録音した潔さに脱帽。

 

このCDを持ってる人は、1度、Feniceをそれなりに大きめな音で

目をつぶって、BANANA NEEDLEの呼吸を感じて欲しい。

持ってない人も、CD等をお買い求めいただき、楽しんでいただければと思います。

って、セールスマンみたいだな(笑)

 

あ、この一曲を推してるけれども

全曲、一瞬で聴き終わっちゃう位の良い作品ですよー。

僕以外の世論も言ってるので、間違い無いです←言い方。。。

 

てか、レビューじゃなくて、考察に近かったな。。。