おのしう

さすがに、栃木の寒さも、本気度が出てきました。

雑煮が食べたい。。。

この寒さで食べる宇都宮雑煮。

最強の部類ですよ。マジで。

 

さて、今年も、ビートクラブのレギュラーライブに参加です。

 

photo by 鳥居 賢一

 

もぅいよいよ普通にエレキの弾き語りしてるけど、

やっぱ、ちょっと違和感ね。

ただ、この日のメインギターちゃんは、弾いてる側も笑っちゃう程良い音してたなー。

稀にやってくる、グレイトセッティング。

 

歌う前も、歌った後も、お友達や初めましての方から

音楽の話を聞かれまして。。。

興味を持って頂いてありがたい事です。

てか、止めどなく代わる代わるにバンバンに質問をされて、

答えまくるインタビュー的な一日でした。

いや、ホントありがたい。

 

とかく、皆様、お疲れ様でしたー。

 

そして、僕は、レコーディングモードに、戻ります。

頑張れー己!!

 

セットリスト

・東京タワー

・グライダー

・ワダツミの木(カバー)

随分と遅くなりましたが、

新年あけましておめでとうございます。

本年も、一つご贔屓に宜しくお願い致します(?)

 

さて、新年もあけた事だし、正月は、やりたい事やらないとねー。

 


てな訳で、ようやくメーカー希望価格で購入が出来る様になった

スーパーファミコンミニを、頭が痛くなるまでやり込むしかない!!

 

と、そんな訳には行きません。。。

F-ZEROやりたくても、こちとら正月休みなんてないんですよ!!

 

 

 

iPhoneImage.png

そうです。

レコーティング二日目です。

 

1月2日に、まさかのレコーディングですよ。

なんちゅうスケジューリングなんだと、世論炎上になりそうですが、

世論の風を無視してやって参りました。

 

ギターと鍋

 

そして、オーブントースターと餅(1.8Kg)

 

そう、レコーディングスタジオでせめてもの正月気分を味わう試みです。

ちなみに、鍋の中は。。。

 

 

雑煮の汁(栃木バージョン、醤油濃いめ)

 

そんな雑煮を食べに来てくれた(?)友人を紹介。

 

パーカッション:クッキー・サトナカさん

もぅ僕のライブでは、御馴染みクッキーさん。

いてくれるだけで楽しい空気になるオーラを出しまくってますけど

パーカッションプレイヤーとして、凄い仕事をしてくれてます。

 

とかく、僕のやりたい事を言わなくて良い環境にしてくれる訳です。

鳴りものの適材適所を、ちょっともミスらない。ホント、センスあり過ぎです。

しかも、レコーディングは、ほぼ1テイクOK(汗)

集中力ハンパない。。。

 

クッキーさんが参加するバンド【Love Music Together

ドラム、パーカッション、ボーカルと芸達者も良い所です。

Love Music Togetherは、僕の曲のカバーまで考えていてくれているようで(汗)

ありがたい事です。自分以外の人がステージで歌ってくれるってんだから。

てか、聴きたいよね。個人的には。

 

そんなLove Music Togetherの好きな曲を紹介。

※遠いけど、ドラム叩いているのは、クッキーさんです。

 

 

 

そして、2人目

 

ベース:片野篤さん

宇都宮出身、宇都宮在住のベーシスト(鍵盤もゴリゴリらしい)

空間をお祭りにしてしまう、生粋のお祭り男。

 

今回、初めて一緒に演奏させてもらって、思ったんですが、

もっと早く知り合いたかった。

 

ベースとしての存在は、もちろんですが、ここでこの一撃を撃ち込んだら

グッと来るでしょ?って言う事を瞬時に判断して、そのまま音にする印象。

ベースの責任と演出の両方を兼ね備えたハイブリットベーシスト(その上鍵盤もゴリゴリらしい)

そして何より、熱い。この熱量を今回のレコーディングで残せた事が良かった。

 

片野さんのバンド【Real Grooves】の動画がコチラ

ホント、鍵盤もゴリゴリだな(汗)

 

 

 

そして、3人目。

 

ドラム:大森拓也さん

高校時代からの付き合いです。

高校のころからドラムウマかったけど、またウマくなってて嬉しい。

お互い幼かったってのもあって、一緒に演奏した事はなかったんだけど

まさか、この歳になって一緒に演奏する事になるなんて。

これもまた、巡り巡っての世界です。

※ちなみに、当時は僕は歌を歌ってません。一応、ギタリストでした(赤面)

 

今回、拓ちゃんとは、レコーディングに向けての意見交換を入念にしました。

結果的に、拓ちゃんが吠えました。

もの凄いドラマチックな演奏ですよ(汗)

 

拓ちゃんのバンド【CHORD-RHYTHM】の動画はコチラ

 

絵がくすぐる!!

スーパーファミコンやりてぇ。。。

 

 

そして、4人目。

 

ドラム・テック:うちだ ゆうこさん

まず、ドラム・テックとは?

→ドラムを調整するお仕事

 って、詳細は、分からないので、気になる方はググって。

 

去年、ドラム・テックと言うお仕事がある事を知ったのですが、

実際にドラム・テックとお会いするのは、はじめて。

 

ドラムの音を曲に合わせる。

って、なんだろ?それ?

その謎が、一気に晴れた感じです。

 

拓ちゃんが叩くドラムの音が、明らかに変わっていて

あれ?誰が叩いてるんだ?って言う怪奇現象っぽい体験でした。

 

一度、アンサンブルで鳴らしてみて、更に微調整。

うっちーが、ドラムにちょっと変更をかけるだけで

別物のサウンドが構築される。

スタジオの外で聞いてたクッキーさんと片野さん、僕がどよめく。


拓ちゃんも楽しそうだったし、その楽しい感じが

クッキーさん、片野さん、僕にまで飛び火して

凄いアンサンブルが録音出来ました。

 

知らない世界に触れる事が出来て幸せでした。

シビアなセッティングで最高のパフォーマンス。

うっちー良い音知ってるなぁ。来てくれて良かったー。

てか、内向的、人見知り栃木県民がすぐに話が出来る性格も助かる!!

 



正月にスタジオに閉じこもった人々の図。

楽しそうでしょ?実際楽しかったんだけど。

こんな正月も良いよね。

 

 

そして、時間差でやって来たのが、

 

 

iPhoneImage.png
オルガンとシンセをかついだ市塚裕子さん。

※写真、使い回しですんません。。。

神がかったフレーズを収録。


 

おもむろに、皆でハンドクラップ(手拍子)の録音。

片野さん、めっちゃ振りがデカい(笑)

 

そして、録音が終わった方々が帰宅。

 

深夜にやって来たのが

iPhoneImage.png

ギターのミスターカワイちゃん事、カワイユウタさん。

※写真、使い回しで、ホントすんません。

 

ノイズの神様に祈りを捧げながらの収録。

毎回の事なんだけど、こればっかりは、待つしか無い。

ただ、決まった時の感動は涙もんですよ。

 

そして、深夜30時。

僕のアコギを録音して、ギブアップ。

あ、入り時間は、午前10時です。念のため。

20時間も閉じこもってたんか(汗)

 

iPhoneImage.png

20時間、全部を共にしたミスター瀬戸さん

マジお疲れさまでした。

※写真の使い回し。。。

 

楽器の録音は全て完了。

残すは、声のみ。

 

長時間、一緒に頭抱えてくれた皆さんに感謝!!

ただ、めちゃくちゃ楽しかったです!!

 

ただ、一点。

1.8キロ持って行った、餅が3個だけ残りました。

完売しなかった。。。雑煮の汁の問題か。。。

ホント、もうちょいだったなぁ。残念。

 

てな訳で、概ね、順調に進んでおります。

新作ONONONOISEは、5月発売!!

さらっと書いちゃったけど、大丈夫かなぁ(汗)

 

とかく、今年も宜しくお願い致します!!

 

<おまけ>

 

ハンドクラップ録音時、片野さんが打ち損ねるの図。

振りがデカいからですね(笑)

もぅ大晦日なのねー。

どーりで寒い訳ですよねー。

テレビも特別番組ばっかりだし。

あっちもこっちも見たくてしょーがない(笑)

 

そうも言ってられない状況ですけれども。。。

 

今年は、活動拠点を宇都宮を中心としましたが

このヘビーなサウンドが受け入れられるのかどうか

心配してましたが、思いのほか受け入れられてありがたい事この上なし。

10代から70代まで、幅広いリスナーに受け入れられて驚きです。

 

また、必要以上のMCも、少しずつ受け入れられて頂いたようで

ようやく、演奏スタイルを確立出来たと思います。

 

まずは、今年、僕の演奏をサポート頂いた

多くの友人に感謝。

 

ギター:カワイユウタ

ギター:小田俊明

ギター&ベース:矢野暢

オルガン&シンセサイザー:市塚裕子

ピアノ:佐藤徹也

フルート:田部井雅世

ベース:川本隆

ベース:日吉大雄

ベース:片野篤

ベース:Nori Naraoka

パーカッション:クッキー・サトナカ

ドラム:大森拓也

ドラム:Darrian Douglas

 

生まれた土地も、育った場所も違うのに

僕のサウンドを支えるために、僕の思いつかないアイデアと練習と・・・

多くの時間を割いて尽力頂いた事に心から感謝致します。


 

 

 





 

 

そして、演奏時のパッションを切り取ってくれた

カメラマンの柿沼さん、鳥居さんありがとうございました。




 

また、たくさんのイベンター、ミュージシャンの方から

演奏のお誘いを頂き感謝です!

全てのお話にお答え出来ませんでしたが、来年も是非とも可愛がってやってください。

 

共演頂いた方々からも、刺激をたくさん頂いて

気合いが入りました。

ありがとうございました。

 

そして、ご来場頂き、一緒に楽しんでくれた皆様へ。

本当にありがとうございました。

来年は、更に楽しんで頂けるステージを約束します。

宜しくお願いします。

 

まずは、新しいONONONOISEの誕生をお待ちください。

 

総括

2017年は、新しい出会いと楽しい思いばかりの良い一年でした。

 

2018年もどーぞ宜しくお願いします!!

良いお年を!!

 

おのしう

もぅいよいよ師走感が凄い!

 

クリスマスイブは、クッキーさんが我が家にやってきて

パーカッションアレンジを詰めて、簡易録音。

 

 

壁の反響が凄くて、ビビる。。。

あの小さなタイコ(ボンゴ)のスコーンとした音が

部屋の中をグルグル回る(笑)

 

良い感じのアレンジが出来た。

 

二回目のレコーディングまで一週間を切りました。

出来る限りの準備を!!

とにかく、歌の練習をせねば。

 

次回も、一発OKを狙って行きます。

 

そして、夜になると・・・

 

クリスマスイブは、恒例です。

もぅ7年も通い続けていますが、

河合代介さんのソロライブへ。

 

毎年、強烈なインパクトで気合いを入れてくれる

素晴らしいライブです。今年も凄かった。

 

会場にいらっしゃる皆さんも、いつもの顔ぶれ。

そこがまた良いんだよねー。

 

一年に一度、この場所で再会して、

また来年のクリスマスイブで時間を共有する。

ロマンですよ。これが。

 

よし、気合い注入されたので、レコーディングがんばっぺよ!!

あれよあれよと言う間にやって来た師走の行事。
楽しいようで、体力的には、そうとうシンドイレコーディングです(笑)

朝6時起床で、レンタカーかりてギターとかアンプとか
どんどんと積んでやって来ました。
ONONONOISEシリーズは、こちらで録音されております
STUDIO GOATEE

10時に到着。

はぁ、ホントにはじまるなぁ。。。



昨今は、甘いものを一緒に食べるグループの
ミスター瀬戸さんの仕事する姿が見れる、レアな状況(笑)
ガツンと準備を終わらせて

一発目に録音は、まさかの・・・



フルート!!
田部井雅世(まさよん)さん
いや、凄い上手なのは知ってたけど、ホントにうまい!!

緊張と緩和を上手に使い分けてスリリングな演奏を
ズバーーーーっと収録。

てか、フルートが入る曲ってあったっけ?
と思ってらっしゃる方が、いると思いますが、
出来てからのお楽しみです。

実のお兄さん、やすかずん先輩とのデュオねこカフェも素晴らしいです。
必聴です。

※お兄さんの激しいパフォーマンスに気を取られすぎない様に(笑)



そして、続いては、最近毎週の様に一緒にいる
ミスターカワイちゃん事、カワイユウタさん。

バンド、バーバーフィッシュのメンバーです。

知り合って、丁度一年くらいですが、
ライブではじめてカワイさんのギターの音を聴いた時の衝撃たるや
そんなに大きな音ではないけれど、ちゃんと存在感を出して、主張はちゃんとする!
だけど、他のパートの邪魔はしない。
そんな感じ。

案の定、お茶の間コンサートでのあのカフェでも
ノイズを出しても、うるさくないと言う謎のセッティングを確立(笑)


この曲好き!




続いて、今回、唯一のONONONOISE皆勤賞の市塚裕子さん

とにかく熱いオルガン奏者。

知り合って、20年くらいになるけど、ずっと熱い。
ONONONOISE/ndで、東京タワーのデュオやったけど
録音してる時に、うなるオルガンに、萌えました。

そしたら、まさか自分がオルガンフリークになってしまって(笑)
今回も、オルガンがバリバリに入ってます。





ちなみに、いつものオルガンのスピーカー
独特すぎる音だなぁ。


さらに、今回は、不思議な鍵盤楽器も登場。



アナログシンセ。

もぅ形状がよく分からん(笑)
だけど、サウンドにとてつもないスパイスを入れてくれる謎楽器。



しかも、楽器の一部を左手の親指で、力任せに押すと言う・・・
マジで、なんだこの楽器?(笑)

市塚さんのバンド
BANANA NEEDLE
オルガンフリークを増やす事は、個人的に応援しております。


オルガントリオバンドって、あんまり知らないけど
良いバンドです!


なんてポップなんでしょ。
歌なしでも、聴きやすくて良いねー!


おまけ。


いつぞやのphantomデュオ。
スゲー難しかった事だけは覚えてる(笑)



そして、いよいよ僕の録音です。
相変わらず、くたびれたギターを弾きました。

んで、なんやかんやで夜中1時になり。

歌を録るのか?録らないのか?
眠いのか?眠くないのか?
疲れているのか?疲れていないのか?

色んな心の葛藤の中




結局やりました(笑)
しかも、1時間で2曲の歌録音を完了。
過去最速で完了しました。

ちょい直しはあったものの。。​
ほぼ1テイクOK。

要因は、ナチュラルハイですね(笑)
それと、マイクとか、もぅヤバい。
成功者が使用するマイクってこんなマイクなんだろーなー?って言う
強烈体験でした。

いや、体力こそギリギリだったけど
楽しく歌えたなー。

結果的に楽しいレコーディングでした。
そう。体力は、0を通り越してマイナスに落ちてたけどね(笑)


んで、そろそろ疑問を抱いていると思いますけど
ドラムとベースはどうしたと?

えぇと、実は、今回のドラムとベースは一部
海外ミュージシャンに依頼をしてまして
今日は、そちらの録音に音を重ねた訳です。

ベース;Nori Naraokaさん
ドラム:Darrian Douglasさん

もうノリが凄くて、歌いながら腰が動きました(汗)

そうです。
今回のONONONOISEは、ワールドワイドな仕上がりとなる訳です(汗)
もぅ凄いの作りますので、お待ち下さい。

次回のレコーディングは、2018/1/2
三が日だって、駆け抜けますよー!!

とかく、一日目長丁場を一緒に駆け抜けてくれた友人に感謝!!

いつも素敵写真を撮ってくれる柿沼さんから、
昨日のお茶の間コンサートの写真をゴリっと頂きました。
カッチョ良いね。我ながら(笑)

 

 


 








 


 














(photo by Toshihito Kakinuma)


わーお。メッチャいいね!
柿沼さんありがとうございます!!